6月 ~単衣の着物

暑がりの私はこれまで寒い時期にしか着物は着ませんでした。私が持っている着物のほとんどは袷(あわせ)と呼ばれる裏地がついている冬用の着物です。今年はぜひ夏も着物を着続けたいと思い、実家へ行って母が着なくなった夏用の着物を数枚もらってきました。

 

6月1日は衣替えの日ですよね。 男性方の背広や学生さんの制服はこの日から夏服へと変わります。着物も同じように6月からは単衣(ひとえ)と呼ばれる裏地なしの着物を着ます。昔は自分で袷の着物の裏地を取って単衣にして着ていたそうですが、今では私も含め衣替え時に袷の着物を片付け単衣を出してきて着ることのほうが多いです。

また、最近では5月でも既に暑い日が多く、学校でも5月中旬から冬服から夏服への移行期間が設けられているようですが、着物もやはり同じですね。5月の暑い日は単衣を着られる方が多くなってきました。

寒い冬からだんだん暖かくなるにつれ、まずは下着を冬物から合もの、夏物へと替えていきます。そしてそれでもなお暑ければ着物を単衣に替えます。ちょうど機能性あったかシャツ→綿シャツ→機能性速乾シャツへと替えていく感じです。

夏の下着(肌襦袢や長襦袢)は脱いだらすぐ洗いたいので洗える化繊のものを選んでいます。少し前まではポリエステルなど化繊のものは暑くて着ていられなかったのですが、最近は汗を吸ってすぐ乾いてくれるような新機能素材のものが増え、着ていても快適でとても助かります。麻の下着もよいと聞いたので試してみたいと思います。6月もあと2週間ほど。単衣の着物といろいろな帯との組み合わせを楽しもうと思います(^o^)

This entry was posted in 着物.