単衣でランチ会へ

昨日、1年ぶり?で集まりました。

粟田山荘でのランチだからぜひ着物でと思い、何度も何度も週間天気予報を確認するも、木曜日だけは雨マークが消えず… 仕方がないと諦め、雨コートや爪掛け付きの下駄を準備。

前日夜から降り出した雨は一向に止まず、明け方はものすごい勢いで降りだし雷まで鳴る始末。大雨警報も出てました。このひどい雨の中、出かけるのは大変だなと思いつつ まずは家の用事を。7時前に突然ピタリと雨はやみ、だんだん明るくなってきました! ラッキー♡雨コートはいらないかも(*^_^*) とは言え道路はまだ濡れているだろうから、やや短めに着付け、下駄の爪掛けは外して念のためバッグへ。

10時半、もう傘はいらないかなぁと思いつつ外へ出ると少しばかり青空が。道路もすっかり乾いていて。えーじゃあ下駄履く必要ないじゃないと結局いつもの草履を履くことに。雨具どころか日傘持参で出かけました。

まあ、着物を汚す心配もなく、余計な荷物も持たずに済んでよかったのですが、雨の日用にとあれやこれや準備した物達はまだ一度も使われることなく、またまた出番待ちとなりました。

16-06-23-16-37-07-386_deco

雨上がりの美しい緑いっぱいのお庭を眺めながら、久しぶりに集まったみんなは話尽きることなく、楽しいひと時を過ごしました。

6月 ~単衣の着物

暑がりの私はこれまで寒い時期にしか着物は着ませんでした。私が持っている着物のほとんどは袷(あわせ)と呼ばれる裏地がついている冬用の着物です。今年はぜひ夏も着物を着続けたいと思い、実家へ行って母が着なくなった夏用の着物を数枚もらってきました。

 

6月1日は衣替えの日ですよね。 男性方の背広や学生さんの制服はこの日から夏服へと変わります。着物も同じように6月からは単衣(ひとえ)と呼ばれる裏地なしの着物を着ます。昔は自分で袷の着物の裏地を取って単衣にして着ていたそうですが、今では私も含め衣替え時に袷の着物を片付け単衣を出してきて着ることのほうが多いです。

また、最近では5月でも既に暑い日が多く、学校でも5月中旬から冬服から夏服への移行期間が設けられているようですが、着物もやはり同じですね。5月の暑い日は単衣を着られる方が多くなってきました。

寒い冬からだんだん暖かくなるにつれ、まずは下着を冬物から合もの、夏物へと替えていきます。そしてそれでもなお暑ければ着物を単衣に替えます。ちょうど機能性あったかシャツ→綿シャツ→機能性速乾シャツへと替えていく感じです。

夏の下着(肌襦袢や長襦袢)は脱いだらすぐ洗いたいので洗える化繊のものを選んでいます。少し前まではポリエステルなど化繊のものは暑くて着ていられなかったのですが、最近は汗を吸ってすぐ乾いてくれるような新機能素材のものが増え、着ていても快適でとても助かります。麻の下着もよいと聞いたので試してみたいと思います。6月もあと2週間ほど。単衣の着物といろいろな帯との組み合わせを楽しもうと思います(^o^)

着物生活♡

着物が大好きです。ずいぶん前に、毎日着物を着ていた時期がありました。秋、涼しくなると着物を着たくなり、お正月はもちろん和服で。5月の日差しがきつくなるころいったん休憩。夏の着物は持っていますがずっと着そびれてました。

その後花粉症がひどくなり、マスクとティッシュが手放せず、着物を着る気にもなれませんでした。 長いブランクを経て自分に合った薬も見つかり体調もよく、マスクなしでも平気になったので、昨年からまた着物を着たくなってきました。

独身時代に母に教わった着付けでしたが、最近ではいろいろな小物を使い早くきれいに着る方法もあるようですので1年ほど教室に通いました。苦手だった袋帯も締めるのが楽しくなり、着付け時間もぐっと短縮!結ばずにクリップを使う方法を習えたので帯もそれほどしわになりません。

ここ数か月はお出かけの際はなるべく着物でと心がけてきました。5月半ばからしばらく着物で出かける機会もなく、とうとう家でも着物を着始めました。とにかく今は着物のことを考えているだけでもワクワクします。

これからは少しずつ着物の話も書いていきますね。